米空軍が開発中のステルス爆撃機B-21は初飛行に向けてプロトタイプの製造が順調に推移しており、2号機の組み立ても始まっているらしい。 参考:Second B-21 Under Construction as Bomber Moves Toward ...
grandfleet17 時間
超大型爆撃機のモスボール保管、あと何機あるのでしょう。 10年間砂漠で保管していた機体を再使用 ...
航空自衛隊は2021年1月18日(月)から2月28日(日)まで、「コープ・ノース21 (COPE NORTH ...
FlyTeam15 時間
フランス航空宇宙軍は11日 (現地時間)、Dassault Aviationが改修した戦闘爆撃機「Mirage 2000D」の第一号が、7日にMont-de-Marsan 118空軍基地に着陸したと発表した。 Mirage ...
ミンダナオ島ブキドノン州インパスゴン町で16日午後2時22分ごろ、比空軍の多用途ヘリコプターUH─1H型機が墜落した。乗っていた空軍操縦士ら4人、陸... この記事は会員限定です。 電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
イギリス空軍ウェッジテイルAEW Mk1偵察機として導入される機体が2021年1月7日 (木)、バーミンガム空港に到着しました。この機体は機体記号 ...
FlyTeam5 日
【マニラ共同】フィリピン南部ミンダナオ島ブキッドノン州インパスゴンで16日、空軍のヘリコプターが墜落し、空軍と陸軍の兵士ら計6人が死亡した。エンジンの故障が原因とみられる。地元紙スターが当局の情報として報じた。 兵士らは当時、近隣に展開する陸軍の旅団への補給任務… モビリティーサービスのエコシステム東南アジア5カ国の現状調査レポート2020 交通手段から金融やヘルスケアまで、拡張するモビリティーサ ...
nna.jp9 時間
軍では様々なロボットが実用化に向けて試験されていますが、アメリカ空軍で警備犬の補助として期待されているロボットが、実際の基地警備任務における可能性を探るべく、イリノイ州スコット空軍基地で実証試験が始まっています。犬のように吠えたり噛んだりはできません ...
アメリカ空軍のティンダル基地(フロリダ州)に、X線を使用した新しい車両検査装置が導入されました。車載式でどこへでも展開が可能なこの検査装置は、時間がかかっていた大型貨物自動車をスピーディーに検査し、仕掛けられた爆弾などを発見することが可能。2018年 ...
オーストラリア国防省は2020年12月28日(現地時間)、空軍の新鋭戦闘機F-35Aが初度作戦能力(IOC) ...
オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)で防衛戦略の上級アナリストを務めるマルコム・デービス氏(豪政府の元防衛顧問)がオーストラリア空軍の将来や戦力更新について述べており、幾つか興味深い内容が含まれている。
ベルギー空軍の新しい輸送機、エアバスA400Mの1号機が2020年12月22日(現地時間)に引き渡され、メルスブルック空軍基地へ到着しました。ベルギーとルクセンブルクは共同で8機のA400Mを導入し、老朽化したC-130輸送機の後継とする予定です。