STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

8.6秒バズーカーと「ラッスンゴレライ」ニコニコ本社から公開生放送

ドワンゴ

株式会社ドワンゴ(本社=東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー、代表取締役社長=荒木隆司)は、「ニコニコ生放送」にて、2015年3月18日、11時より「8.6秒バズーカーがニコニコ本社に参上!DVD発売記念ニコニコ本社スペシャルイベントsupported by ドワンゴジェイピー」を放送する。

最速でDVD発売を記念した生放送

単独DVD「ラッスンゴレライ」が発売になることを記念して行われる同生放送。圧倒的な数のお笑い芸人が所属している「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」の中でも、1年に満たない芸歴での単独DVDはデビュー最速となる。

3月18日のニコニコ生放送は2部構成での配信を予定。
1部は11時よりスタート。ガラス張りでスケルトンのサテライトスタジオ「ニコぶくろスタジオ」から、DVDのために撮り下ろされた貴重な映像や、現在ドワンゴジェイピーで配信されている彼らの着ボイスを収録した時のエピソードなどのプログラム。

2部は12時ごろり、地下2階のイベントスペースにて放送をスタート。ここでは動画サイトへ投稿された一般ユーザーによる「ラッスンゴレライ」の映像を「8.6秒バズーカー」の2人が評価する「ラッスンゴレライ品評会」などが予定されている。





 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

駅伝の感動ストーリーをまとめたムック本発売

「みんなのMAEMUKI駅伝」

アメリカンホーム保険が2012年に実施した「みんなのMAEMUKI駅伝」。この駅伝の感動ストーリーをまとめたムック本「前を向いて走る。あなたの支えがあったから、MAEMUKI駅伝ランナー1104人のメッセージ」がインフォレストパブリッシングから発売された。

がんを乗り越えて前向きに生きていく大切さを描いている一冊。

この本は、一般から募集した延べ1104人が参加して一本のたすきを繋いだMAEMUKI駅伝の紹介、駅伝を応援していたがん経験者の間寛平さん、ロックバンドSOPHIAの都啓一さんのインタビュー、また、昨年、129日間、日本一周5872㎞を駆け抜けた12人のランナーの闘病と駅伝参加のエピソードを紹介し、がんを乗り越えて前向きに生きていく大切さを描いている一冊。

この発売を記念してトークイベントが、2013年4月11日、東京・渋谷の「ヨシモト∞ホール」で開催され、アメリカンホーム保険もMAEMUKI駅伝キャラクターである間寛平、前向きにボクシングに取り組み勝利を収めた南海キャンディーズ・しずちゃん、天津・木村、三瓶、楽しんご、ムーディ勝山がメンバーの再生可能ボーイズが登壇してトークイベントを開催した。

自身のボクシングトレーナーが、がんが発覚されたことを話すしずちゃん。がんが発覚した後も、トレーニングを続けてくれていたことに感謝し、これからも一戦一戦勝っていって、成長していきたいと、前向きなコメント。

寛平さんは、がんが発覚した時、とても不安になったが、家族の支えがあり、今もがんは転移せず 快調に活動していることを報告。また、寛平さんは、一発屋と言われている芸人5人からなる「再生可能ボーイズ」へも、「飽きられてもやるべき!」と応援。「見ていてくれる人も、『また あれ見れた!』っていう感動もあるし」と、叱咤激励していた。

◎取材リポート=中村千雅(LLCブランケッツ所属)

















 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

スポーツ応援アイドルユニット「mobcastガール」が結成

株式会社モブキャスト

株式会社モブキャストは、2013年4月4日、スポーツ応援アイドルユニット「mobcastガール」の結成を発表した。メンバーの足立梨花さん、入来茉里さん、山根千佳さん、真凛さん、折原あやのさんが登壇して記者発表会が開催さた。

「スポーツを愛する全ての人を応援する!」をコンセプトに結成された5人組のユニット。

「mobcastガール」とは、スポーツに特化したモバイルエンターテインメントプラットフォーム「mobcast」の運営を行う株式会社モブキャスト(本社=東京都港区、代表取締役=藪考樹)の会員によって選ばれた「スポーツを愛する全ての人を応援する!」をコンセプトに結成された5人組のユニット。

チアガール風の衣装で登場した5人は、揃ってスポーツ好きということで、今回の結成に大喜び。足立さんはソフトテニス、折原さんは剣道、真凛さんはバレーボールなど学生時代に自身もスポーツ経験があるとのこと。そんな中、メンバー最年少17歳の山根さんは相撲好きという10代の女性には珍しいスポーツジャンルを挙げ、「力士名鑑」を片手に相撲に対する熱い思いを語った。また、新体操歴12年でインターハイ出場経験を持つ入来さんは、自慢のリボン操作を披露し、しなやかで柔軟な動きでアピールしてた。

発表会の最後には、今日のために猛練習したという「mobcastダンス」を全員で披露。集まった多数の報道陣を沸かせた。足立さんは「スポーツが本当に大好きな5人組。色々なスポーツを応援して、活動を頑張りたい」と、「mobcastガール」としての抱負を話した。





 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

「ギャツビーダンスコンペティション5th」開催

株式会社マンダム

「ギャツビーダンスコンペティション5th」の日本決勝とアジア決勝が開催され、8つの国と地域で予選を勝ち抜いた覇者達が日本に集結し最終頂上決戦を行い熱いバトルを繰りひろげた。

シンガポール代表のSir Waackalot(サー・ワッカロット)さんが「ザ・グレイテスト・ギャツビー賞」を受賞。

最優秀賞の「ザ・グレイテスト・ギャツビー賞」にはシンガーポールのサーワッカロットさんが、圧巻のパフォーマンスと表現力で会場を沸かせアジアチャンピオンの座に輝いた。

第5回目となるこのコンテストは、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、シンガポール、台湾、タイ、日本の合計8つのギャツビー(GATSBY)の販売国と地域の学生達を対象にした、アジアでも最大級のダンスコンテスト。

ダンスの技術だけではなく、ヘアスタイルやファッションまでを含めて採点する独自のテーマで、2012年6月より各国•地域で応募・予選をスタート。 1,168組もの応募の中、3月2日に東京 渋谷O-EASTにておこなわれた。まず「JAPAN FINAL」で日本代表を決定。そのすぐ後に日本代表を含む、各国・地域を勝ち抜いた8組が「ASIA GRAND FINAL」でアジアのトップを目指しパフォーマンスを競った。

プロのダンサー4名と、各国・地域の在日留学生8名の審査の結果、圧倒的な強さでシンガポール代表のSir Waackalot(サー・ワッカロット)さんが「ザ・グレイテスト・ギャツビー賞」を受賞した。









 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

渡辺直美が「やせ見えテク」をアドバイス

株式会社主婦の友社

主婦の友社が発行する女性誌「S Cawaii!(エスカワイイ)」の3月7日発売の5月号で、春ファッションを大特集をしているが、20代女性から絶大な人気を誇る、ぽっちゃり系女芸人の渡辺直美さんが登場し、薄着になりカラダのラインが気になるこの時期の体型別にスタイルアップして見えるコーディネートをアドバイスしている。

読者の2大悩み体型の「やせ見えテク」を大検証。

「この春オシャレへの道はまずスタイルアップから!」が特集のテーマ。今回「体型カバー神ワザテク」特集では、読者の2大悩み体型の「やせ見えテク」を大検証している。背が低くて全体のバランスがとりにくい“ミニ娘”とグラマーゆえにセクシーすぎたり、ムッチリして見えてしまう“グラ娘”の悩みを渡辺直美さんが徹底指導している。「春は自慢の胸が強調できる薄手のニットをヘビロテ」「ボトムはお尻のラインがアピれる柔らかな素材がマストですね」と語る渡辺直美さん。その自己流やせ見えテクは要チェック。









 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

よしもと女芸人がダイエットに挑戦

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

現在ヒット中のエクササイズDVD「TRFイージー・ドゥ・ダンササイズ」を使ってダイエットに挑戦する企画の発表会が、2013年3月3日、吉本興業東京本部で行われた。

もし、ダイエットに成功すれば、4月20日にZepp DiverCityで行われるTRFのライブに出演できるという「ご褒美」が待っている。

性別と年齢を超えて多くの支持を集めている「ダンス&ヴォーカルユニット・TRF」が考案した、エクササイズとダンスを融合した新感覚のプログラムである「TRFイージー・ドゥ・ダンササイズ」。TRFのメガヒットナンバーにのせてダンササイズできることが反響を呼び、去年6月に発売され、累計100万枚を突破するメガヒットとなっている。

記者会見には、このDVDのキャンペーンガールに任命された森三中が、黒沢はCHIHARUさん、村上はETSUさん、大島はSAMさんになりきり「TRF姿」で登壇した。また、「キレイにやせたい!」と名乗りをあげたボルサリーノ・関、出雲阿国、ツジカオルコが登場し、この3人が「1か月間のダイエット企画」に挑戦することが発表された。

この企画のコンセプトは「日本女子よ、もっと自分にご褒美を!」。よしもと女芸人で結成されたユニット「シュガーズ」メンバーが、約1か月間ダンスダイエットに挑み「素敵なご褒美」をめざすことになる。

会見では「素敵なご褒美」の発表もされた。今回のダイエット企画で、単純に体重を落とすのではなく、セクシーで引き締まったメリハリのある「ダンサーボディ」に変身できれば、4月20日にZepp DiverCityで行われるTRFのライブに出演できるという第1の「ご褒美」発表され、3人は大喜び。

さらに、がんばっている日本女子たちにご褒美をプレゼントしようというプロジェクト「シュガーズ」から、椿鬼奴とまちゃまちゃが登壇。有名写真家による「プライベート撮影会」を実施するという2番目のご褒美も発表された。

◎関連情報
TBSラジオ「シュガーズの週末は甘えナイト!」
http://www.tbs.co.jp/radio/sugars/
毎週土曜日=19:00~放送中。
※本日は3/3のひな祭りにちなんで、18:30~特別番組を放送した。
シュガーズオフィシャルサイト=http://sugar-s.jp/

◎取材リポート=中村千雅(LLCブランケッツ所属)

















 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

ピース綾部など人気芸人の「しゃべってキャラ」

ベルロックメディア

吉本興業グループの株式会社ベルロックメディア(所在地=東京都新宿区、代表取締役社長=中多広志)は、株式会社NTTドコモの新サービス「しゃべってキャラ™」の対応機種発売に合わせ「よしもと芸人しゃベキャラ」の販売を2012年11月16日より開始した。

友達感覚で芸人とおしゃべりができる。

「しゃべってキャラ™」は、NTTドコモのスマートフォン向け音声エージェントサービス「しゃべってコンシェル」の執事役である待ちキャラを好きな芸能人やキャラクターに変更することができるサービス。声はもちろんキャラクターならではの受け答えや雑談を楽しむ事ができる。

今回「よしもと芸人しゃべキャラ」になったのは、よしもと男前芸人(殿堂入り)のライセンス藤原、テレビに引っ張りだこのピース綾部、NTTドコモの記者発表会で「気になるキャラクター」と注目を集めた渡辺直美、よしもとべっぴん芸人の桜 稲垣早希の4名。

執事(コンシェルジュ)としてしっかり働くのはもちろん、芸人ならではのボケやツッコミ、動き、表情が楽しめる。また、友達感覚で芸人とおしゃべりが出来たりと毎日を退屈させないという。

◎よしもと芸人しゃべキャラ概要
ダウンロードページ=http://jookey.jp/jookeystore/shabe/a01
コンテンツ販売価格=特別価格:各315円(税込)





















 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

「初恋クロマニヨン」が3代目「沖縄県住みます芸人」に決定

「あなたの街に“住みます”プロジェクト」

吉本興業グループが創業100周年事業として展開している「あなたの街に“住みます”プロジェクト」。全国47都道府県に芸人とエリア担当社員を置いて地域に笑顔を届けている。沖縄県では3代目として「初恋クロマニヨン」が就任し、お披露目会見が、2012年(平成24年)8月23日、都内の吉本興業東京本部で行われた。

「初恋クロマニヨン」は、お笑いのレベルが高いだけでなく対応力がある」と高く評価。

沖縄では「空馬良樹」が初代住みます芸人として就任、その後、期間限定で「ぬらりひょん(深田・斉藤)」が現在、沖縄県恩納村(おんなそん)で活躍をしている。そして、3代目に就任した3人組の「初恋クロマニヨン」は、よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ(YOEC)の1期生。YOEC卒業5ヶ月のスピード就任となる。

沖縄出身の「初恋クロマニヨン」。メンバーはツッコミの新本奨(にいもと・すすむ)、ボケの松田正(まつだ・しょう)、ボケの比嘉憲吾(ひが・けんご)の3人で、その勢いは凄い。2004年(平成16年)に「第12回フレッシュお笑い選手権」で大賞、2010年(平成22年)に「お笑いスター誕生」で優勝、同じく2010年(平成22年)「M-1グランプリ2010」で準々決勝進出、2011年(平成23年)に「0-1グランプリ」で決勝進出を果たしている。

会見では沖縄出身の「セブンbyセブン」がMCを担当し、ゲストとして、同じく同郷の「スリムクラブ」も加わり、笑顔と笑いに包まれた会見となった。スリムクラブの真栄田は、「初恋クロマニヨン」は、お笑いのレベルが高いだけでなく対応力がある」と高く評価。全員が沖縄出身と言うこともあり沖縄ならではのツッコミも入れてショー的要素にあふれた会見となった。

質疑応答では、出演者側が報道陣に質問する新手法がとられ、来賓や記者が逆質問されて笑いの内に終了した。



同郷のスリムクラブが応援に駆けつける。



MCも同郷の「セブンbyセブン」



質疑応答では記者に「逆質問!」とスリムクラブの真栄田。



笑いと笑顔にあふれた会見だった。





 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

スギちゃん「ワイルドだろぉ?」着信ボイス10週連続1位

株式会社レコチョク

株式会社レコチョク(本社=東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長=加藤裕一)は、6月20日発表の着信ボイス週間ランキングで、お笑い芸人・スギちゃんの「スギちゃんメール着信編」の着信ボイスが10週連続1位を記録したことを発表する。また、ランキングTOP3をスギちゃん関連のコンテンツが独占している。

10週連続1位を独占した事実は大きい。

10週連続1位を独占したのは「誰からのメールだいぃ早く読みなぁワイルドだろぉ」「凄い奴からのメールが来たぜぇワイルドだぜぇ」「ワイルドなメールが来たぜぇ 凄いだろ!ワイルドだぜぇ」「スギちゃんがメールを来た事をお知らせしちゃうぜぇ ワイルドだろぉ」「今日初めてのメールがきたぜぇ ワイルドだろぉ」などワイルドな言い回しがメールの着信音にぴったりな着信ボイス。

R-1グランプリで準優勝し注目が集まっていたなか、レコチョクでは、4月11日(水)よりスギちゃん着信ボイスを配信開始し、みごと10週連続週間ランキング1位の快挙を達成した。

なお、着ボイスに加え、現在「色々な意味でワイルドすぎる…」と話題沸騰中の各アプリも現在、好評配信中。
 
◎6月20日発表 着信ボイス 週間ランキング
1位=「スギちゃん メール着信編」スギちゃん
2位=「スギちゃん アラーム編」スギちゃん
3位=「スギちゃん 電話着信編」スギちゃん
4位=「あたりまえメール」COWCOW
5位=「スギちゃん イベント編」スギちゃん









 
 
 
 
 
2013年(平成25年)











 

「南天のど飴」と「落語家 桂南天」がコラボ

常盤薬品工業株式会社

愛されて40年「南天のど飴」と40年ぶり二代目を襲名した「落語家 桂南天」とがコラボレーションして「南天(ナンテン)×南天(ナンテン)で、笑顔満点(マンテン)キャンペーン」を実施することを発表した。

「南天」つながりでコラボキャンペーン

ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社=東京都中央区)の医薬品ブランド「南天のど飴」は、桂こごろうさん(株式会社米朝事務所所属)が、「二代目 桂南天」を襲名されるにあたり、同じ「南天」という縁を大切に、桂南天さんとのコラボを実施することとなった。

発売から40年以上のロングセラー、つらいせき、のどの痛みに効く「南天のど飴(第3類医薬品)」と、このたび2012年4月15日、40年ぶりの襲名となった二代目「桂南天」さん。「南天」といえば、昔から「難(ナン)を転(テン)じて福となす」に通じることから、縁起木として愛されている。そんな「南天」という名前で結ばれたのが「南天のど飴」と「落語家 桂南天」となる。

◎笑顔満点(マンテン)Web投稿キャンペーン概要
「南天」と「飴」をお題にした「謎かけ」や「あいうえお作文」を投稿すると、審査され、優秀作品には、優秀作品賞に、桂南天さんが所属する桂米朝一門バックアップのもと、プロの落語家が集う「落語会」で、桂南天さんたちと一緒に“大喜利”に出演できる権利や、桂南天さんの襲名グッズ(非売品)がプレゼントされる。



「二代目 桂南天」を襲名。





 
 
 
 
 

ページ移動