STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

新宿に文化とアートのニューウェーブ

学生クリエイターズ・フェスタin 新宿2011 実行委員会

新宿と学生。時代の変革期にいつもニューウェイブの発信拠点となっている。今、注目される「ひとつの波」がある。新宿とアートが融合したクリエイティブ・ミッション「学生クリエイターズ・フェスタ in 新宿 2011」がそれだ。

インキュベーター都市新宿をめざして

「学生クリエイターズ・フェスタ in 新宿 2011」は、新宿・歌舞伎町ルネッサンス事業の一環として、多様な文化・芸術・芸能を育んできた新宿のまちの特性と大学・専門学校等が集積する新宿の強みを活かした、学生や若いクリエイターの参加による新しい試みのアートイベントを実施する。

このミッションは、新宿モア4番街、歌舞伎町セントラルロード、シネシティー広場を会場とし、2011年(平成23年)10月15日より23日まで行われる。テーマは「繋がりの誘発」。学生の豊かで挑戦的な発想と創造力で「街」と「人」を繋ぐコミュニケーションツールやメッセージのコンペティションを中心にして、フォーラムやライブステージ等の多彩なプログラムが展開される。

今年度のコンペティションは「空間デザイン部門」と「デジタル映像部門」の2部門からなり、東北から九州の大学・専門学校など21校が参加しクリエイティブとングの「ワザ」を競う。

今後は、会場を新宿駅の東西へと伸展するとともに、国内参加校数の拡大、また、アジアの学生やクリエイター・アーティストによるアートやデザインの創造・発信拠点を目指すと共にアートや文化の新たなインキュベーター都市新宿、イノベーション機能を担う新宿の創出を目指し、併せて都市の新しい公共空間の活用・活性化を図るとしている。

また、本年度は東日本大震災で多くの方方や学生、そして市町村が被害にあわれたことを悼み、東北の大学やNPO等の参加を得て復興支援のムーブメントキャンペーンとして位置づけ、デザインTシャツのオークションやアートバザール等のイベントも実施されるという。