STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

KARAの妹分RAINBOWが話題沸騰に

株式会社レコチョク

株式会社レコチョク(東京都渋谷区渋谷=加藤裕一 代表執行役社長)は、2011年(平成23年)9月8日発表のビデオクリップデイリーランキングで、RAINBOWの日本デビュー曲「A(エー)」が、初登場2位を獲得したことを発表した。

「Tシャツを脱ぐポーズ」が韓国で話題に

RAINBOWは、4年間の準備期間を経て2009年(平成21年)年11月に韓国でデビューし、「KARAの妹分」として注目を集めている7人組のK-POPガールズグループ。日本デビュー曲の「A(エー)」は、Tシャツを脱ぐポーズをする「おへそダンス」が人気。しかし、韓国では、この振り付けは「sexyすぎる」という理由で放送禁止にまでなった。

レコチョクでは、「A(エー)」のビデオクリップの配信開始し、本日発表のビデオクリップデイリーランキングにて、少女時代に次いで初登場2位を記録、8月31日より配信開始した着信ムービーは、9月7日発表の週間ランキングにて1位を獲得するなど早くもRAINBOW旋風が巻き起こっている。

◎9月8日発表「ビデオクリップデイリーランキング」
1位=「BAD GIRL」少女時代
2位=「A (エー)」RAINBOW
3位=「フライングゲット」AKB48
4位=「いつかきっと・・・」EXILE ATSUSHI
5位=「証」flumpool



「A (エー)」RAINBOW がビデオクリップランキングで2位に