STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

喜劇発祥の浅草・上野で「したコメ」開催

第4回したまちコメディ映画祭in台東

第4回したまちコメディ映画祭が、2011年(平成23年)9月17日に開催された。「したコメ」は浅草、上野という東京随一のしたまちの魅力をコメディ映画を通じて存分に味わうことのできるユニークな映画祭。今年で4回目となり定着を始めてきた。

「喜劇発祥のこの浅草で喜劇がらみで賞を頂けたことが最も嬉しいです」と伊東四朗さん。

「したコメ」の開催を記念しオープニングとレッドカーペットセレモニーが行われ、、伊東四朗氏のコメディ栄誉賞授賞式も実施された。オープニング上映作品は「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」。この舞台挨拶で登壇したゲストが挨拶をした。

伊東四郎さんは「昭和12年6月12日に浅草で生まれたので、ここは私のふるさとです。このふるさとで賞をもらえて嬉しいです。53年この世界でお世話になって喜劇がらみで3回賞を頂けました。実はここ公会堂の前に私の手形もあるんです。喜劇発祥のこの浅草で喜劇がらみで賞を頂けたことが最も嬉しいです。『サラリーマンNEO』のような喜劇に呼んでいただくということはどこかで喜劇をやるなら伊東がいると話していただけること。それが一番うれしいんです」と挨拶した。

また、「したコメ応援人」の内海桂子さんは、浅草で生まれてこの19日で満89歳。浅草で飯食って子供を育てて親を養って家を建てて皆さんに会えるというこの嬉しさ。涙が出るくらいです」と語った。

オープニング上映の「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」の吉田照幸監督は「この映画を映画化すると出演者、スタッフに報告したら笑いも起こらないくらいつまらない冗談だと思われたんです。でも僕はずっと皆さんの演技をスクリーンで観てもらいたいと思っていました。実は浅草付近のロケが多かったんですけどその時にしたコメで上映しようという話が出ていて、ご縁だなと思っていました」と話した。