STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

レディ・アンテベラムの曲がドラマのテーマに

株式会社EMIミュージック・ジャパン

アメリカで6度のグラミー賞を受賞し、最新アルバム「夢の貴婦人(原題:Own the Night)」で2作連続全米アルバム総合チャート初登場1位を獲得しているレディ・アンテベラム(Lady Antebellum)が、初めて日本のドラマのテーマ曲を担当することが決定した。

2年半ぶりに復活する話題のシリーズのエンディングテーマ曲に

その楽曲は、最新シングル「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」。使用される番組は、2011年(平成23年)10月5日からスタートするテレビ東京系「水曜ミステリー9」。そのエンディング・テーマとしてオンエアされる。

この「水曜ミステリー9」は、2001年(平成13年)にスタートした一話完結の2時間ドラマ枠。様々な事件の深層を追いながら、ミステリーの陰にある人間ドラマを描写する見ごたえある内容が、これまでも大きな人気を博してきた。2009年(平成21年)年に終了以来、今回2年半ぶりに復活する話題のシリーズ。

テレビ東京のプロデューサー、橋本かおり氏はレディ・アンテベラムの起用について、「水曜ミステリー9の枠はこれまでも大人の鑑賞に耐えうる良質の作品を送ってまいりましたが、今回も音楽の味わいがわかる大人のための素晴らしい楽曲に巡りあいました。見終わった方々にどこか癒しとほっとする気持ち をお届けできるとともに、いつのまにか口ずさんで番組の余韻を味わってもらえると確信しています」と語っている。



最新シングル「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」