STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

ビーチ・ボーイズの「スマイル」が発売

株式会社EMIミュージック・ジャパン

1967年に発売される予定で録音されたもののリリースに至らず、最も熱望される未発表アルバムと呼ばれ続けた作品がついに陽の目を見た。それが、ビーチ・ボーイズの「スマイル」。2011年(平成23年)11月2日に発売された。

ビーチボーイズのサウンドを楽しめる

スタンダード盤のCDは1枚組で、「アワ・プレイヤー」に始まり、「英雄と悪漢」「サーフズ・アップ」などを含み、「グッド・ヴァイブレーション」までの19曲。さらにボーナス・トラックとして8曲が加えられている。

グループのブライアン・ウィルソンによるライナーノーツ「音楽は神の御声(MUSIC IS GOD'S VOICE)」の日本語訳が日本盤のアルバムに収録されているのも注目。「僕は完璧主義者だ」で始まるCDブックレット3ページにおよぶライナー・ノーツでは、「『神に捧げるティーンエイジ・シンフォニー』を作りたかった」というブライアン・ウィルソンの当時の心中が明かされている。さらにはビートルズや、ヴァン・ダイク・パークス、亡くなった弟たちである故デニス・ウィルソンと故カール・ウィルソンにも言及している。

◎ビーチ・ボーイズ内容
01= アワ・プレイヤー
02=ジー
03=英雄と悪漢
04=ドゥ・ユー・ライク・ワームズ(ロール・プリマス・ロック)
05=アイム・イン・グレイト・シェイプ
06=バーンヤード
07=マイ・オンリー・サンシャイン 
08=キャビン・エッセンス
09=ワンダフル
10=ルック(ソング・フォー・チルドレン)
11=チャイルド・イズ・ファーザー・オブ・ザ・マン
12=サーフズ・アップ
13=アイ・ウォナ・ビー・アラウンドーワークショップ
14=ヴェガ・テーブルズ
15=ホリデイズ
16=ウインド・チャイムズ
17=ジ・エレメンツ:ファイヤー(ミセス・オレアリーズ・カウ)
18=ラヴ・トゥ・セイ・ダダ
19=グッド・ヴァイブレーション
(↓以下ボーナス・トラック)
20=ユーアー・ウェルカム
21=英雄と悪漢(ステレオ・ミックス)
22=英雄と悪漢 セクションズ(ステレオ・ミックス)
23=ヴェガ・テーブルズ(デモ)
24=ヒー・ギヴズ・スピーチズ
25=スマイル・バッキング・ヴァーカル・モンタージュ
26=サーフズ・アップ 1967(ソロ・ヴァージョン)
27=サイコデリック・サウンズ:ブライアン・フォールズ・イントゥ・ア・ピアノ