STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

松任谷由実がアニメの主題歌を書き下ろし

株式会社EMIミュージック・ジャパン

東映アニメーション株式会社が2012年5月19日よりロードショー公開するアニメーション映画「虹色ほたる~永遠の夏休み~」。この作品の主題歌が松任谷由実による書き下ろしの新曲「愛と遠い日の未来へ」に決定した。

少年が成長していく物語のファンタジーに松任谷由実の書き下ろしとなる主題歌「愛と遠い日の未来へ」がモンタージュされる。

父親との思い出。昆虫採集。花火。夜店。夏祭り。子供同士の友情。そして淡い初恋。誰の心の中にもある永遠の夏休みの中で、大自然を舞台に時空を超えた感動的な愛と絆の運命がめぐる少年の成長ファンタジー。

原作は、著者川口雅幸が自身のホームページで連載していた小説が、人気投票サイトで上位ランクし、出版に至ったという読者と共に育ったシンデレラ小説で、現在21万部を突破している。

今や社会現象となっている大ヒットアニメ「ワンピース」のシリーズディレクターを務めた宇田鋼之介をはじめ、日本を代表するクリエーターが集結。音楽は松任谷正隆、主題歌「愛と遠い日の未来へ」は松任谷由実の書き下ろしとなる。

◎ストーリー
交通事故で父親をなくした小学6年生のユウタは、夏休みに一人、父親との思い出の場所、山奥のダムへ向かうが、三十年前にダムに沈んだはずの村に1カ月間タイムスリップしてしまう。 かけがえのない仲間たちと過ごす最高の日々。それはユウタにとって、かけがえのないもう一つの夏休みのはじまりだった・・・・・・。

◎作品概要
原作=川口雅幸(アルファポリス刊)
監督=宇田 鋼之介
脚本=国井 桂
キャラクターデザイン・作画監督=森久司
画面設計=山下高明
美術監督=田村せいき
音楽=松任谷正隆
主題歌=「愛と遠い日の未来へ」松任谷由実
出演=ユウタ-武井 証、さえ子-木村彩由実、ケンゾー-新田海統、ユウタ(大人)-櫻井孝宏、さえ子(大人)-能登麻美子、ケンゾー(大人)-中井和哉、青天狗-大塚周夫、蛍じい-石田太郎。
©川口雅幸/アルファポリス・東映アニメーション