STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

シンガー・ソングライター・秦基博ライブ放送

株式会社WOWOW

柔らかく繊細でありながらも強さを秘めた深みのある歌声と抒情豊かな作風で、世代を問わず高い人気を集め続けているシンガー・ソングライターの秦基博の日本武道館でのライブ(1211年12月22日)の模様を中心とした番組を3月4日の夜、10時20分より放送する。

活動の総轄的なライブ画像を中心にして放送。ナレーションも担当。

デビュー5周年の2011年には、これまでの軌跡を映像で振り返る「映像版ベスト」とも言うべき初のミュージック・クリップ集をリリースしたほか、多彩なスタイルのライブを数多くこなし、さまざまなアーティストとコラボレーションするなど、精力的な活動を行なってきた。その締めくくりともいうべきライブが12月22日の日本武道館ライブ。

今回のライブはデビュー5周年記念アリーナ連続公演の最終日。秦が毎年展開していたアコースティックライブ「GREEN MIND」のスペシャル・プログラムとして実施された。ここでしか聴くことのできない貴重な楽曲に加え、これまでに感じたことのない彼のさらなる魅力に出会える弾き語りライブとなっている。

さらに今回の番組では、彼の新境地とも言える新曲4曲を収録した初のEP盤「エンドロールEP」をリリースするなど、6年目に向けて走り出している秦のスペシャル・インタビューや、デビュー5周年となった2011年の充実した活動を追ったドキュメンタリーなども合わせて放送。番組ナレーションを秦自身が担当する。秦は今回がナレーション初挑戦となる。

秦は「ナレーションに初挑戦することになるなんて、すごく驚きました。実際にやってみて、やはり難しかったですね。特に、文章をただ読むだけでなく皆さんにどうすれば想いを伝えられるのかが難しかったです。今回の番組では、僕のナレーションを始め、自分にとって大切な思い出となったライブの普段観ることの出来ない部分もお見せしたいと思います。皆さんに楽しんで頂きたいですね」と語っている。