STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

ワールド・プレミア日本開催決定

映画「アメイジング・スパイダーマン」

映画「アメイジング・スパイダーマン」の日本公開は2012年(平成24年)6月30日で、本国アメリカの7月3日より3日早い公開が決定しているが、ワールド・プレミアも日本の六本木で行なわれることが決定した。世界中のどこよりも早く、新シリーズの第一弾がお披露目される。

ヒットを願ってワールドプレミアを日本開催へ。

公開を前に、既に複数のプロモーションが動き出している中、世界最速のワールド・プレミアが日本の六本木で行なわれることが決定した意味は大きい。世界中のどこよりも早く、新シリーズの第一弾がお披露目されることになり、日本のファンにとっては、まさに「アメイジング!(驚き)」なニュースとなった。

この背景には1つのエピソードがある。このシリーズのワールド・プレミア開催国では、作品が大ヒットし興行収入がNO1になっている事実がある。シリーズ全作に携わっているプロデューサーのアヴィ・アラドは「過去シリーズがすべて大ヒットとなった日本が世界でも最も重要な海外マーケットであることに加えて、日本人は、映像やアクションのダイナミックさだけではなく、ストーリーやドラマをより重要視する高い文化的思考を持っている」と日本での大ヒットを期待している。

また「震災で苛酷な環境に置かれながらも、下を向かず復興を目指す日本人の力強さには世界中が胸打たれた。今度は我々そしてスパイダーマンが、逆境に立ち向かう勇気を与えたい」と、日本でのワールド・プレミア開催は復興支援の意味もあると話した。

ワールドプレミアは6月13日。一新したスタッフ・キャストの6名を含むスタッフ総勢30名での来日が予定されている。監督のマーク・ウェブ、スパイダーマン役のアンドリュー・ガーフィールド、初恋のグウェン役のエマ・ストーン、悪役のリース・イーヴァンスなど、ワールド・プレミアにふさわしいオールキャストが揃うことになる。