STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

ハリウッドのドルビーシアターに新技術

ドルビーラボラトリーズ

ドルビーラボラトリーズは、アカデミー賞(Academy Awards®)の授賞式会場として世界に知られるハリウッドの代表的建造物であるドルビー・シアター(Dolby® Theatre™)がエンターテインメントサウンドの世界的舞台になると発表した。

ドルビーの持つ最先端の音競技術を継続的に導入してドルビーシアタヌーを最先鋭化する。

ドルビーは、CIMグループが所有するハリウッド&ハイランド・センターにある同シアターの音響システムを強化し、同社の革新的な新しい音響技術「ドルビーアトモス」(Dolby Atmos™)を皮切りに、ドルビーが所有する技術を導入し世界最高レベルのホールにする。

ドルビー・シアターは技術革新に取り組むドルビーの姿勢を強化する場となり、リアリティーと没入感に優れたエンターテインメント体験におけるリーダーおよびクリエーターとして果たしてきたその役割を拡大する場ともなる。ドルビーは、広さ18万平方フィート、3400席を備えた同シアターのアップグレードに着手し、まずはドルビーアトモスの導入を行う。

ドルビーアトモスは、最も自然で生きているような知覚体験を実現する画期的なオーディオ技術。これだけでなく、今後も最新技術を導入してドルビー・シアターの改良を進めていき、最高のワールドプレミアや発表イベントにふさわしい会場にする。

ドルビーラボラトリーズ社長兼最高経営責任者(CEO)のケビン・イェーマンは、「ドルビーは、どのような環境でも最も生き生きとしたエンターテインメントサウンド体験を生み出せることから、世界的に評価されています。今回のCIMとの提携により、ドルビー・シアターをアカデミー賞の世界的舞台とするだけでなく、今後何十年にもわたってドルビーの技術革新を世界に披露することができます」と語る。

映画館からホームシアターまで、エンターテインメント体験を一変させてきたドルビーは、高品質オーディオの標準として認められている。ドルビー技術は、劇場、ブルーレイ、テレビゲーム、DVD、モバイルメディア、デジタルテレビ放送、デジタルケーブルテレビ、プロ用レコーディングスタジオ、衛星システムで利用されている。

34年間にわたり、ドルビーのオーディオ技術を使って公開された数々の映画が卓越した音質によってアカデミー賞にノミネートされてきた。ドルビー・シアターは、毎年恒例のアカデミー賞授賞式の会場になっている意味は大きい。

CIMグループ共同創業者のShaul Kuba氏は、「ドルビーラボラトリーズはハリウッドで長い歴史を持ち、エンターテインメント業界に多大な貢献を行ってきました。ドルビーは高い評価を得ている国際的ブランドであり、技術革新企業です。私たちは、ハリウッド&ハイランド・センターのドルビー・シアターにパートナーとしてドルビーラボラトリーズを迎えることができ、誇りに思います」と話す。

◎ドルビーラボラトリーズについて
ドルビーラボラトリーズ(NYSE:DLB)は、最高のエンターテインメント体験に欠かせない要素である技術を提供する世界的大手企業。1965年の設立以来、映画館からリビングルーム、モバイル機器に至るさまざまな環境における高品質オーディオとサラウンド音声で確固たる評価を確立したドルビーは、映画、ホームエンターテインメント、モバイルの各分野でのエンターテインメントを豊かにする新技術を提供している。