STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

たった一人で作った映画「ハプニングスター☆」が公開に

Happening Star Project

たった一人で作った3D・CGアニメ映画「ハプニングスター☆」が2012年(平成24年)7月21日に、夏休みロードショーとして、下北沢の短編映画館「トリウッド」にて公開される。

発表と同時に話題になった作品。

この作品は、松本知博(まつもと・ちひろ)監督が、構想7年、制作期間に2年を掛けて完成した。リアルな宇宙を舞台とする3D・CGアニメ映画作品。10年前の3D・CGブームから、パソコン性能やソフトの性能が飛躍的にUPし、数年前に大変だったことも今では、やる気さえあれば一人でもハイレベルの映画を作れるようになったことを実証した。

ストーリーの設定や世界観なども綿密に考えられており業界関係者、アニメ、映画ファンでなくても必見の作品。親子で安心して楽しめ、広大な宇宙の学習もできて二度美味しいSFアクションアドベンチャー作品といえる。