STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で渡辺恒雄氏が青春を語る

TOKYO FM

TOKYO FMの番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」(毎週日23:00~23:30=TOKYO FM系列全国38局ネット)では、10月21日放送回のゲストとして、読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆の渡辺恒雄氏を迎える。

メディア界の重鎮2人の知られざる青春の思い出が語られる貴重な内容。

番組でのトークでの話題は、去年3月28日に他界された、前・日本テレビ放送網代表取締役会長の氏家齊一郎氏のこと。渡辺恒雄氏と氏家齊一郎氏は、ともに同じ大正15年の同じ5月生まれ。高校時代からの友人で、同じ読売新聞社で記者として活躍。そんな唯一無二の盟友との懐かしい思い出を語る。

たとえば、学生時代、氏家氏が英語が苦手で落第した話、読売新聞記者時代、2人で新宿で酔っ払い相手にケンカをして警察に包囲された話、氏家氏が奥様を懸命に口説いた話など、メディア界の重鎮2人の知られざる青春の思い出が語られる貴重な内容。聞き手は作家の塩野米松さん。

◎番組概要
タイトル=「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」
放送日時=毎週日曜 23:00~23:30
ネットワーク=TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
パーソナリティ=鈴木敏夫
番組概要=メガヒット作品を生み出し続けるスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫が初めてパーソナリティを務める番組として2007年10月7日よりスタート。番組の設定は、ジブリの森のラジオの川のほとりに建つ、鈴木敏夫の隠れ家「れんが屋」。日曜日の夜になると「れんが屋」に各界の著名人が集まり、鈴木敏夫を囲んでリラックスした会話が繰り広げられる設定。スタジオジブリ作品の裏側や、時代を捉えるクリエイターとしての鈴木敏夫の視点や信条が語られる貴重なプログラム。