STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門・新人賞受賞

株式会社トムス・エンタテインメント

株式会社トムス・エンタテインメント(本社=東京都中野区、代表取締役社長=岡村秀樹)は、「ルパン三世」アニメ化40周年を記念して制作したTVアニメーションシリーズ「LUPIN the Third~峰不二子という女~」が、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の新人賞を原作者であるモンキー・パンチ氏と山本沙代監督が受賞と発表した。

第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展は2月24日まで国立新美術館で開催。

16回目を迎える文化庁メディア芸術祭は「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル。

「LUPIN the Third~峰不二子という女~」をエントリーしましたアニメーション部門では、劇場アニメーションが23作品、短編アニメーションが370作品、テレビアニメーションが61作品、オリジナルビデオアニメーションが14作品、その他34作品となる合計502作品の応募があり、応募作品は審査委員による審査を経て、大賞1作品、優秀賞4作品、新人賞3作品が選出された。

放送開始と共に、斬新な設定と大胆かつ挑発的な描写が話題となった「LUPIN the Third~峰不二子という女~」は、「ルパン三世」シリーズの新たな地平を拓く固有のポジションに位置付けられるシリーズ。株式会社トムス・エンタテインメントは、このたびのモンキー・パンチ氏、山本沙代監督の受賞を祝福すると共に「ルパン三世」シリーズのブランディングに一層の努力を続けていくという。

◎第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
会期=2013年2月13日(水)~2月24日(日) 
入場=無料
メイン会場=国立新美術館1階企画展示室1E(東京都港区六本木7-22-2)
休館日=2月19日(火)
開館時間=10:00~18:00(金曜は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで
サテライト会場=シネマート六本木 他
※サテライト会場では、作品上映やマンガライブラリー、シンポジウム等を実施。