STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

書き下ろした「Catch the moment」が主題歌に決定

映画「ナオト・インティライミ冒険記旅歌ダイアリー」

昨年末、NKH紅白歌合戦に初出場を果たしたナオト・インティライミ。初のドキュメンタリー映画「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー」が4月13日より全国公開される。

声が響き渡れば人の輪ができる。すぐにみんなが笑顔になる。
ナオト・インティライミとは、そんなアーティストである。

さらに、書き下ろしたナオト・インティライミの「Catch the moment」が同作品の主題歌に決定。旅から得た豊かな経験が、ナオト・インティライミのポジティブなメッセージを生み出し、映像と共に楽曲となって世界を駆け巡る。

“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。デビュー以前に28カ国を515日間かけて世界一周した経験を持つ彼が、再び”音楽と出会い”を求めて旅にでた。

過去訪れた国や初めて巡る国。世界の音楽と文化を体感し、その国の人々と唄い、笑う。様々な出逢いを通して、新たな楽曲が誕生する瞬間をカメラは追い続ける。仕込み、段取り、やらせ、いっさいナシ。ナオト・インティライミのすべてが詰まった本格音楽ドキュメンタリー映画が誕生した。監督は「モテキ」(2011年-大根仁監督)の編集を担当し、見事日本アカデミー賞優秀編集賞に輝いた注目の石田雄介。

この作品は3つのパートが織りなす“音楽の旅”を描いている。①2012年アフリカ、南米、そしてカリブ海へと、ナオト・インティライミが再び世界へ飛び出したパート。②アルバム制作に密着シエがいたパート。③過去のライブ映像収録のパート。その全てのパートでナオト・インティライミの魅力を描いている。

◎「ナオト・インティライミ」プロフィール
「インティ ライミ」とは南米インカの言葉で「太陽の祭り」を意味する。世界一周28カ国一人旅の中では、パレスチナのアラファト議長の前で歌を披露するなど、世界各地でLIVEを行い、各国の音楽と文化を体感。帰国後、ソロ活動の他、コーラス&ギターとしてMr.Childrenのツアー・サポート・メンバーに抜擢。今最も話題を集める男性アーティストとして注目を集めている。 主題歌は本作のための書き下ろした「Catch the moment」。全編を彩るサウンドトラックも自ら担当した。

◎作品概要
タイトル=「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー」
監督=石田雄介
出演=ナオト・インティライミ
主題歌=「Catch the moment」&サウンドトラック by ナオト・インティライミ
配給=東宝映像事業部
公開=4月13日(土)全国ロードショー
©2013『ナオト・インティライミ冒険記』製作委員会

◎「ナオト・インティライミ」略歴
◇2010年4月7日:UNIVERSAL MUSIC/UNIVERSAL SIGMAよりメジャー・デビュー。
2ndシングル「タカラモノ~ この声がなくなるまで~」が累計80万DLを超えるロングセラーヒット。
◇2010年12月:今世紀最速(男性ソロ)のデビュー8ヶ月での武道館公演をソールド・アウト。
◇2011年2月:4thシングル「今のキミを忘れない」が携帯電話のCMに起用。100万ダウンロードを超える大ヒットを記録。
◇2011年5月:2ndアルバム『ADVENTURE』オリコン・ウィークリー・チャート初登場3位を記録。3週連続トップテン入りの大ヒットに。
◇2012年2月:7thシングル[君に逢いたかった」がレコチョクのウィークリー・チャートで1位を獲得。
◇2012年4月18日: 3rdアルバム『風歌キャラバン』が自身初となるオリコン・ウィークリー・チャート1位を獲得。
◇2012年11月28日:10枚目の最新シングル「しあわせになるために」発売
◇2012年12月31日:第63回 紅白歌合戦 初出場
◇2013年2月13日:初のLIVE DVD「ナオト・インティライミ LIVE in 日本武道館」