STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

河邉徹25歳の誕生日を祝う一夜限りのライブ

株式会社WOWOW

WOWOWは、6月29日に「WEAVER Special Live 2013 ~河邉徹、四半世紀誕生祭~」と題した一夜限りのスペシャルなライブをNHKホールで開催した。

ライブが始まる前からサプライズが用意。

6月28日に25歳の誕生日を迎えた河邉をファンと共に祝って楽しもうという主旨のライブ。会場の入口には河邉が両親と一緒に写っている巨大な写真が展示され、開演前のアナウンスを河邉の父親が務めるなど、ライブが始まる前からサプライズが用意されていた。

ライブはこの日の主役・河邉のドラムソロでライブがスタート。1曲目の「偽善者の声」から会場の盛り上がりは最高潮で、序盤から全力プレイで楽しませてくれる。さらには、ボサノバアレンジの「レイス」を聴かせるなど、新しい試みもたくさん盛り込まれていた。「1/4世紀」の演奏中には“四半世紀誕生祭”というタイトルに相応しく、大型スクリーンに河邉の幼い頃から現在までの写真が映し出される感動的な演出もおこなわれた。

後半、新曲「夢じゃないこの世界」で再びテンションを上げていき、「Free will」ではファンと大合唱。アンコールではドラムの形をしたバースデーケーキが用意され、河邉も「泣きたいぐらい幸せです」とファンから祝ってもらえる幸せをかみしめていた。

そんな流れで演奏した「泣きたいくらい幸せになれるよ」では、2番の歌を河邉が担当。最後は再びストリングス隊が登場し、「ネバーランド」で特別な一夜を締めくくったが、終演後には河邉の母親によるアナウンスが流れ、最初から最後まで温かい雰囲気のライブとなった。

このNHKホールでの公演の模様は、8月4日(日)夜11時からWOWOWで放送される。この日だけの特別な演出も盛りだくさんだったステージは、まさにファン必見と言える。