STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

徳永ゆうきがBEGIN・比嘉栄昇の作品でデビュー

ユニバーサルミュージック合同会社

NHK「のど自慢2012チャンピオン大会」グランドチャンピオンを受賞した、演歌歌謡の徳永ゆうきが、BEGIN・比嘉栄昇氏が手がけた「さよならは涙に」で2013年11月13日に全国デビューする。

8月13日放送のNTV「スッキリ!!」で、デビュー作となる「さよならは涙に」を「上を向いて歩こう」とメドレーにして初披露。

徳永ゆうきは大阪で生まれ育ち、祖父と両親の影響で幼い頃から演歌歌謡曲ひとすじ。祖父と父親の歌のレパートリーをほとんど歌えるという18歳。この春高校を卒業後上京、4月から東京タワー大展望台club333でマンスリーワンマンライブ(第4火曜日)を行っており、人の心を照らす明るい歌声で、日本を元気づける歌い手をめざしている。

徳永ゆうきの祖父と両親は奄美大島出身。今回、記念すべきデビュー曲を比嘉栄昇氏(沖縄・石垣島出身)に依頼することになったのは、南の島にルーツを持つ共通点、そして、比嘉氏が故郷や家族を大切に想う歌を数多く世に出されていること。家族の元を離れ上京、故郷愛に満ちた徳永ゆうきの今の気持ちを歌にして戴けるのは、この人しかいないと依頼したところ、快く引き受けてねらったという。

◎比嘉栄昇氏から徳永ゆうきに寄せられたコメント全容
[歌に願いをこめて/比嘉栄昇]
初めてゆうき君の歌を聴いて、ぱっと思ったのは三波春夫さんの事で、こんなに明るい声の人ってここ何十年も聴いた事がなく、この声を待ってた方々は、たくさんいらっしゃるだろうなあって思いましたね。
「さよならは涙に」っていう言葉は、ゆうき君にぴったりだなって思います。世の中がちょっと沈み込んでいるときに、せつないけれど前向きに行こうっていう、そういう歌を歌える人だし、この歌を聴いて気持ちが晴れて、まあいろいろあるけど頑張るかって思える人が、日本中にたくさんいらっしゃることでしょう。きっと、ゆうき君が運んで来てくれた言葉、フレーズだと思うんです。
以前、田端義夫さんへ書かせて頂いた「旅の終わりに聞く歌は」の中では、『空は夕焼け~』でしたけど、今回、ゆうき君には『空は朝焼け~』と、書きました。バタヤンが亡くなってやっぱりさみしさはありながらも、歌のファンとして、また新しい力が新しい才能がここにあるって、僕自身も救われたんですよね。日本の歌は大丈夫だぞって、きっとバタヤンも喜んでくれるだろうなあって。
ゆうき君には、始まりであって朝焼けであって欲しい。日本の歌の心を歌い継いでいくんだ、もっと拡げていくんだっていう、大きな役割を胸に秘めていて欲しい。自分だけの歌じゃないんだと、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さん、みんなから受け継いで来たんだと、これからもその思いを忘れずに歌っていって欲しいですね。 
2013年7月吉日

現在、徳永ゆうきは、50年前にビルボード1位を獲得した「SUKIYAKI」にあやかってYouTubeチャンネル「TAKOYAKI」を8月8日タコの日よりスタート。第1回映像は、徳永ゆうきのキャラクター「カピやん」のご挨拶~中川家・礼二氏も絶賛した芸【指ぱっちん】~「涙そうそう」をアカペラで歌唱している。