STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

5月15日公開。ますます話題沸騰

映画「音楽人」

2010年(平成22年)5月15日から上映が始まった映画「音楽人」に話題が集まり始めている。この映画の原作は、第2回ケータイ小説大賞でJOYSOUND賞を受賞したERINA著「大切なきみへー音楽人2008」(竹書房刊)と森綾の「音楽人1988」をベースにして長編映画デビューとなる監督の伊藤秀隆と、若干20歳の清水智枝子がオリジナル脚本を書き下ろしたもの。

共感する物語が注目

この映画、実は3館だけの公開を前提として制作された作品。しかし、物語おもしろさと映像表現の斬新さが話題となり、現時点で全国20館での公開が決定している。人気はますます高まるばかりで、5月16日TOHOシネマズ六本木ヒルズSCREEN7(644席で同館最大のスクリーン)で行われる3000円の舞台挨拶チケットはたちまち完売したほど。

また、主演した桐谷美玲の劇中着ボイス配信開始と 主演の佐野和真バージョンの主題歌「星の数だけ抱きしめて」と、挿入歌「永遠」の配信が5月26日から始まる予定で話題はさらに沸騰する可能性がある。

◎作品概要
原作=
①ERINA著「大切なきみへ―音楽人2008」(竹書房)
②森綾著「音楽人1988」
監督=伊藤秀隆
脚本=清水智枝子・伊藤秀隆
製作=「音楽人」製作委員会
企画=ESP学園・EA
制作プロダクション=Thanks Lab.