STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

30年にわたる芳醇な愛と人生の物語

映画「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」

19世紀のフランスはブルゴーニュ地方。ここで、最高のヴィンテージワインを造るために人生をかけた一人のワイン醸造家。彼の美しく情熱的な妻と、誇り高く知的な男爵夫人、そしてワイン造りを導く天使が織り成す30年にわたる芳醇な愛と人生の物語を、ニュージーランドを代表する作家エリザベス・ノックスが書いたベストセラー「THE VINTNER'S LUCK」が映画化され「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」の題名で公開される。
©2009Ascension Film Kortex Acajou Films

女性監督のニキ・カーロさんが来日

日本では、配給が東北新社で、公開は10月の予定。スクリーンはBunkamuraル・シネマ他全国でロードショーされる。その公開に先立ち、女性監督のニキ・カーロさんが来日しレセプションパーティが、2010年(平成22年)8月10日、東京都渋谷区のニュージーランド大使館でおこなわれた。

レセプションパーティにはワイン好きで知られるタレント辰巳琢郎さんをはじめ、ワイン関係者、女性誌編集者や業界人など約100名が出席。イアン・ケネディ駐日ニュージーランド大使の紹介を受けて、本作のニキ・カーロ監督が挨拶。建築家の夫、2人の娘と共に来日したカーロ監督は「大好きな日本に家族で来られて、とても嬉しいです。」とコメント。映画について「究極のヴィンテージワインを追い求める醸造家を描いた原作に感銘を受け、映画化しました。見終わった後にワインを飲みたくなる作品になっています。10月に公開されましたら、劇場で映画を見て、その後には是非ワインを味わってください」と話した。



レセプションで挨拶するニキ・カーロ監督



原作の作家エリザベス・ノックス(右)とニキ・カーロ監督(左)