STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

敬老の日に、愛菜ちゃんから鶴瓶さんにサプライズ

映画「怪盗グルーの月泥棒 3D」

東宝東和配給、2010年(平成22年)10月29日より日本公開される「怪盗グルーの月泥棒 3D(原題「Despicable Me)」の日本語吹替えが終了。同時に吹替え収録を行ったスタジオミディアルタにて完成報告会を実施した。

鶴瓶さんに敬老の日のサプライズ

報告会には、グルー役の笑福亭鶴瓶さんとアグネス役の芦田愛菜ちゃんが出席、ハリウッド映画の日本語吹替えが初となる二人の収録時のエピソードなどを披露した。鶴瓶さんは愛菜ちゃんの吹替えを「初めてとは思えないくらい上手い」と大絶賛。また、6月28日にロサンゼルスでおこなわれたワールドプレミアで、サプライズとして、バースデーケーキを用意していた鶴瓶さんに、報告会当日は敬老の日ということもあり、お返しの意も込めて、愛菜ちゃんからサプライズなプレゼント。中身は"やさいのおしゃべり"という絵本で、「鶴瓶さんのお孫さんに読んであげてください。」と言って手渡しました。

Q、今回吹き替えをして難しかった点はありますか?
鶴瓶さん「感情や表情をグルーに合わせるのが難しかったが、アフレコを重ねるにつれてどんどん感情を絵に吹き込むことができた。」
愛菜ちゃん「アグネスの口に合わせてしゃべるのが難しかった。」

Q、お気に入りのシーンはどこですか?
鶴瓶さん「徐々にアフレコに慣れていったので、3姉妹に絵本を読む最後のシーンがお気に入りです。」
愛菜ちゃん「本当は身長制限があって乗れないのに、本当に乗っているように感じたのでジェットコースターのシーンが好きです。」

Q、共演してみて、お互いの印象は?
鶴瓶さん「LAのワールドプレミアに一緒に行って、愛菜ちゃんと旅行したみたいで楽しかった」
愛菜ちゃん「フカフカのイエローカーペットを鶴瓶さんと一緒に歩けたし、サプライズで誕生日ケーキをもらって嬉しかったです。面白くて優しくて本当のおじいちゃんみたいです。」

Q、本日9月20日は敬老の日ですが、おじいちゃん・おばあちゃんにもこの3D映画は楽しんでいただけますか?
鶴瓶さん「本当に3Dの凄さが分かるし、ストーリーは面白くて泣けるし、ぜひ観てもらいたい。」
愛菜ちゃん「今日はおじいちゃん・おばあちゃんには会えないけど、一緒にこの映画を観に行きたいです。」

◎ストーリー
ある日、ピラミッドが盗まれた。世界中が大騒ぎのなか、怪盗グルーと仲間のミニオンたち世界No.1怪盗団は悔しがる。「俺らじゃない!」。彼らはプライドをかけて "月を盗む"という大作戦を計画する。

◎作品概要
プロデューサー=クリス・メレダンドリ
監督=ピエール・コフィン&クリス・ルノー
日本語吹替=笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、山寺宏一ほか
配給=東宝東和
10月29日(金)よりTOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー
(C)2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED



和やかな雰囲気でアフレコが進む



アフレコが完成して記者会見