STARは踊る。スポットライトの中で。
NIPPO - ENTERTAINMENT.COM
2013年(平成25年)











 

涙の挨拶。「生きていてください」と新恵みどり。

東京国際映画祭=「FIT」舞台挨拶

映画「FIT」に出演している新恵みどりは、舞台挨拶の順番が回ってくるとマイクを握りしめて話し始めた。「何のとりえもない私です。映画に出演し、グリーンカーペットを歩くことができまるで夢のようです。夢が覚める前にお話ししておきたいことがあります」と、話し始めた。2010年(平成22年)10月30日。2010東京国際映画祭の舞台挨拶のことである。

夢が覚める前にお話ししたいことがあります

真っ直ぐに観客席をみつめて話す新恵みどりは、言葉を選びながら語り始めた。「私のような人間でも、この様な映画に出ることが出来ました。こんな私でもです。命を絶たないで生き続けてください。必ずチャンスがあるはずです。生きていてください。生き続けてください」と。後半は言葉にならない部分もあったが、この挨拶に共感した観客が大きくうなづいていた。



「映画に出させていただいてから、夢のような日々でした。夢が覚める前にお話ししたいことがあります」と、新恵みどりは話し始めた。